夏までに掃除を間に合わせよう

>

外側や吹き出し口に付いた汚れ

外側を綺麗に拭こう

エアコンの外側に、ホコリが溜まっていることが多いので雑巾で拭いてください。
この時は乾いた雑巾でも、濡らした雑巾でもどちらでも構いません。
濡らした雑巾を使用する際は、固く絞ってください。
外側を、満遍なく拭きましょう。
ホコリが溜まっていると、部屋中に蔓延してしまいます。
すると人体にも悪影響を与えるので、必ずエアコンを綺麗にしてから使ってください。

エアコンから、室内に風が送られます。
ホコリが溜まっていると、ホコリも一緒に室内に運び込まれるので注意してください。
気管支が弱い人や、子供は免疫力が低いので大きなダメージを受けます。
病気にならないためにも、エアコンの掃除が欠かせません。
家族の健康を守りましょう。

吹き出し口を掃除する方法

雑巾では、吹き出し口を掃除しにくいです。
割りばしに濡らしたキッチンペーパーを巻いて、輪ゴムで留めてください。
それを吹き出し口に差し込んで掃除すると、うまくほこりをキャッチできます。
しかしあまり奥まで、割りばしを入れないように注意しましょう。
割りばしを見えない部分まで、手探りで入れると内部の部品が壊れてしまう可能性があります。

また無理に奥まで入れると割りばしが折れて、取り出せなくなってしまいます。
見える範囲だけで十分なので、ホコリを取ってください。
濡れている状態を放っておくとカビが発生する原因になります。
固く絞ったキッチンペーパーなら大丈夫だと思いますが、心配な人は乾いた雑巾やキッチンペーパーで拭いてください。


この記事をシェアする